WhiteStyle

真っ白でふわふわした生活を続けていきたい。

雑記

「 お金が無くても幸せになれる」なんて言っちゃダメだろ

「 お金が無くても幸せになれる」なんて言っちゃダメだろ

「お金が無くても幸せになれる」

良く聞くセリフではあるが、僕はこの言葉が大嫌いである。

どんな状況の人であっても、こんな事を言っちゃダメだと思う。

お金はあればあるだけ良い

お金はあればあるだけ良いのは間違いないはずだ。

そう言い切れる理由は、欲しいものがいくらでも買えるとかそういう低レベルな話ではない。

お金があれば、「お金が理由で諦めなくてはいけない選択肢」が無くなるからだ。

お金は「選択肢を増やす為のツール」でしかないと思っている。

例えばだが、自分に子供がいたとして、どうしてもやりたい夢があったとしよう。

その夢を叶える為には、莫大な資金がかかるとして、お金が理由でその夢を諦めさせるというケースは多々あるだろう。

もうひとつ例を挙げると、大事な人が病気にかかったとする。

その病気を治す為に必要な手術費用が莫大な金額だったとして、それをお金が理由で諦める事になった時、絶対にお金があれば良かったと思うはずなのである。

お金は頑張れば誰だって稼げる

生活をする為に、ほとんどの人が仕事をしている。

日本には職業選択の自由があり、自分の給料に納得がいかない場合は、自分の納得する給料が貰える会社に就職する事だって可能なはずである。

その為には、資格を取ったり、何かの技術を習得したり、色々な努力を重ねる必要はあるかもしれない。

「お金が無くても幸せになれる」

これをお金が無い人が言ってしまったら、もう向上心を捨てた事になってしまわないだろうか。

お金があれば幸せになれるとも限らない

そもそも「幸せ」の定義が曖昧ではあるが、お金があれば幸せになれるとも限らないだろう。

お金持ちの人が、「お金があっても幸せになれなかった」というのは本当の事だろうなとは思う。

ただ、お金が無い人が、「お金が無くても幸せになれる」というのは違和感を感じるのである。

お金が無い状態のままで良いと願う人なんていないはずだし、お金があればもっと幸福度は増すかもしれない。

日本人はもっとお金に貪欲になっても良いのではないだろうか

日本では、お金に貪欲な人はあまり好かれない様な傾向にある気がする。

しかし、お金に貪欲になる事は自然だと思うし、もっとみんな貪欲になっても良いのではないかと思う。

国民性なのかもしれないが、日本人は現状で満足してしまっている人が多すぎる。

還元率の低い宝くじを並んでまで買うくせに、自分自身でお金を稼ごうとする意欲は低い。

居酒屋で給料が低いだの、残業代が出ないだの、有給が出ないだのグチグチいうくせに、転職しようともしない。

そんな人達が集まって傷を舐めあっているから、向上心の低い人達ばっかりが生まれるのではと思ってしまう。

-雑記