WhiteStyle

真っ白でふわふわした生活を続けていきたい。

ブログ運営論

誰がなんと言おうと「イケダハヤト」は天才だと思っている

誰がなんと言おうと「イケダハヤト」は天才だと思っている

皆さんは「イケダハヤト」をご存知だろうか。

まだ東京で消耗してるの?」というブログの運営主だが、僕は正直彼の事を天才だと思っている。

今回はそこら辺について書いていきたいと思っている。

彼はまさしくプロブロガーである

ここ最近、はてな界隈で「プロブロガー」という単語を散見するが、僕はイケダハヤトこそプロブロガーだと思っている。

プロブロガーとは、「ブログでの広告収入や執筆依頼を受けた原稿料などで生計を立てられる人」と僕は定義しているが、彼はブログで稼ぐ事において天才的である。

実際に、2015年度のブログでの売上は2,100万円であると公表している。
参考:2015年度のブログ売上は「2,100万円」でした。来年は「年商3,700万」を目指します。 - まだ東京で消耗してるの?

確定申告書がUPされている訳でもないので、本当かどうかは本人にしか分からないが、ブログのPV数や彼のTwitterなどを見て本当だろうなと思っている。

これが嘘だ嘘だという人達は、ネットメディアの広告収入の可能性が全然分かっていないのであろう。

何よりも煽り方が天才的

彼についてもっとも天才的だなと思っているのが「煽り方」である。

彼はブログ、TwitterなどのSNS上で、常に誰かを煽っている。

彼が煽った記事のはてなブックマークコメント欄やSNS上では、その記事に対しての言及が凄い数で増えていく。

今の時代、どこで拡散されればブログが強くなるのか?を完全に理解していて、周りの人間を上手く使っているのだ。

実際、彼のアンチは恐ろしい程多いが、客観的に見てる僕からしたら、利用されているだけにしか見えない。

正直な話、ブログは良い悪いに関わらず、話題になったもん勝ちである。

本当に彼の事が嫌いなのであれば、無視するのが一番なはずなのに、それでもアンチ達は言及し、彼のブログのPVや売上に貢献しているのである。

理解しているのかもしれないが、「分かっているけど言及せざる得ない記事」を書くのが上手いのだ。

良く、「お金の為だけにブログを書くのなんて楽しいの?」というコメントを見るが、彼は生活の為に仕事としてブログを選んでいる。

割り切って記事を書いている訳で、収益という結果が出ている以上、周りから何を言われても何とも思わないだろう。

ブログ記事を書くのが辛いかどうかは本人ではないから分からないが、パソコンで記事を書いているだけで年収2,000万を越えるのであれば、僕はただただ羨ましい。

本人もそれなりに余裕があると思うが、それに向かってワンワン吠えてるアンチを見ていると、「そんなんで相手にダメージを与えられてると思っているのかな?」という気持ちになる。

別に僕は彼のファンである訳ではない

彼を誉めるエントリはあんまりないような気がするが、僕は別に彼のファンな訳ではない。

僕がブログをやる理由はお金の為だけではないので、ああいったやり方でブログを有名にするというやり方はしたいとは思わない。

ただ、正直にブログ運営において、彼のやり方は天才的だし、学べる点はいくつもあるなと思っている。

-ブログ運営論